【コラム】中国モデルが打ち砕かれるリスク 「転換点」に達したのか

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/08/09 12:32:19
ソースは
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130809/mcb1308091000019-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130809/mcb1308091000019-n2.htm
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/130809/mcb1308091000019-n3.htm

米国の経済学者、ポール・クルーグマンといえば、バブル崩壊後の日本経済が「流動性の
罠(わな)」に陥ったと分析したことで、東京でも注目された。
ご存じの向きにはくどい話だが、ノーベル賞を手にしたこの大家は、大学の教壇に立つ
一方で、米紙ニューヨーク・タイムズに経済コラムを執筆している。

読者としての印象だと、この数年は人民元の為替問題など中国経済を取り上げることが
多かった。辛口の筆致ながら、そこは専門家らしい抑制がちゃんと仕掛けてあるのだが、
7月18日(電子版)に掲載されたコラムはやや異色だった。
中国の経済情勢について、「兆候は疑うべくもない。中国は大きなトラブルに
見舞われている」と、バッサリ切り捨てたのだ。
話のポイントは、中国の工業化を支えた農村の安価な労働力の供給が底をつき、
賃金水準が上昇に転じたとする判断だ。
これは、英国の経済学者、アーサー・ルイスが唱えた「ルイスの転換点」に中国が
「到達した」との見方である。

賃金の上昇については「それ自体は結構な話だ。賃金の上昇は、普通の中国人が
やっと経済発展の果実を手にするのだから」と述べつつも、財政出動に支えられた
投資に替わって、個人消費が中国経済の新たな牽引(けんいん)役となる可能性には
否定的だ。トラブルとはすなわちここだ。

専門家の間では、中国が「ルイスの転換点」に達したのか否かをめぐって、この数年間
すでに論争が続いていた。
ルイスの学説に従って、伝統的農業部門と近代的な非農業部門の賃金を計量的に比較する
検証作業は、経済学者に委ねるとしよう。

だが、仮に「転換点」に達していないとしても、「民工荒(ミンコンホアン)」と
呼ばれる安い出稼ぎ労働者の募集難は、すでに中国の都市部で現実となっている。
「転換点」を過ぎた新興国が、大胆な構造改革を図らない限り、高度成長から一転して
経済停滞に陥る危険をはらむことは、多くの国ですでに実証されている。

クルーグマンは、トラブルの深刻さを「万里の長城への激突」と表現し、中国を
世界第2の経済大国に押し上げた「中国モデル」が打ち砕かれる危険を明示した。
「中国モデル」の定義はこれまた見解が分かれるところだが、少し前に注目された
「北京コンセンサス」のコアというべき中国指導部による「絶えざる刷新」や
「公平な富の分配」は、現実から離れ過ぎていたのではないか。
いま中国経済の先行きに不安をもたらしている根幹的な理由は、改革が遅れ、
ご都合主義的に進められ、結果として富や資源の偏在を許してしまったからに
ほかならない。

クルーグマンは「数日前までわれわれは中国人をおそれていたが、いまは彼らを
心配している。そして、われわれの状況もまたよくなってはいないのだ」との言葉で
コラムを結んでいる。氷山が航路上にあるとして、中国の舵はどちらに取られようと
しているのだろうか。(産経新聞中国総局長 山本秀也)

-以上です-






関連記事



3: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 12:39:01 ID:zFeSU8nf
そりゃあ嘘ばっかつくしな

4: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) 2013/08/09 12:42:53 ID:1cJ08nuG
ソフトランディングに失敗。

没落中国にまっしぐら、一度贅沢を味わった国民は、貧乏中国にはもう我慢はできない。

暴動や国内混乱の極致で、分裂中国で終わる。

5: やるっきゃ騎士φ ☆ 2013/08/09 12:44:18 ID:uOoqEH8g
例え経済が不振に陥り中国共産党が打倒されても、一生食うに困らない金を
国外に移し終えている、銃弾一発の響きで、体制は転換するかもしれない。

体制が転換したとしても、今よりは民主的になるが、対外的にはより強硬に
転じる可能性もある、今までは、無能な共産党の足枷で動きが鈍かったが、
それこそ、黒人の短距離走者のように、一瞬で世界を抜き去る可能性が高い。

14: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 13:53:07 ID:YetCfeOB
>>5
中国は歴史的にいつも同じ
国家が強大になると中央の肥大化と腐敗が進み
反乱がおきると金持ちが他国へ逃げてしまうので
残るのは貧民と学も知恵も理性も無い土民だけ。

そしてまた何十年も貧民国家になる。

そんだけのことだ。

13: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 13:39:18 ID:z9ielH+t
客から雇用取り上げてモノを買えと言われても無理
人員削減も暴動懸念で無理

絵に描いた様な分かり易い産業飽和化

6: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 12:50:27 ID:p1hJD08N
南朝鮮も80年代にルイスの転換点に達した
そこで南朝鮮が教科書や靖国で言いがかりをつけてきて日本から技術をせしめて先進国になった
その結果が日本の今のデフレ不況だ

日本は同じ過ちを繰り返してはならない

10: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 13:05:50 ID:gZ9JRwpd
知ってたよ!

16: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 14:21:00 ID:VcLEOaSi
韓国は先進国じゃないよ。
国連事務総長は、先進国からは選ばれないことになってる。

19: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 18:17:58 ID:mUqWTOkE
>>16
ヨーロッパ出身が過去にいたはず
先進国というより、大国からは選ばれないの方があってるかと思う

はっきり言うと、世界の大勢からはどうでもいい国から選ばれる

17: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 14:21:59 ID:D5HMCkve
先進国以前に民主国家でも法治国家でもないからな

20: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 18:18:56 ID:PMzkASX6
日本がルイスの転換点に達したのは、60年代後半だそうだ。
中国が日本のような慢性デフレ不況に陥るのは、20年くらい先かもしれない
。今の中国を、「失われた10年」になぞらえている人が多いけど、実際は「証券不況」あたりの段階かもね。

24: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 20:47:19 ID:RPrs6sUu
>>20
デフレ不況ってのは成熟した資本主義社会が必然的に陥る罠だけど、
中国の場合はもっとドラスティックに崩壊するんじゃないかな。
無理に無理を重ねて作り上げた繁栄だし。

30: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 22:06:38 ID:Ia2kthfh
>>20
本来なら、賃金が上がった膨大な労働者層が、これまた巨大な国内需要を創造し、貿易主導型
から内需主導型へと経済構造が変化する必要があった。

日本は、60年代に労働者の賃金上昇による、爆発的な家電ブームが起こって真似下電気であるとか
糞ニーであるとか、白色家電メーカーが著しく成長した。
更にはマイカーブームも発生して自動車業界も70年代に急成長して、アメリカのそれを圧迫するまでに
なっていくわけだが・・・・・・・・

ところが中国はそれが発生してない。賃金は上がったとはいえ、農民工の暮らしと一部の特権階級との
差はますます酷くなる一方。 本来ならもっと労働者に所得分配をすべきだったのに、ごうつくばりの
経営者や党幹部のポケットに全てナイナイなもんで国内需要が少ししか創造されなかった。
住宅も、投機に走りすぎて誰も住んでいない鬼城都市が増える一方で、今にも崩れそうな家に住んでいる
農民工も沢山存在する、という矛盾。 これは典型的な中所得国の罠に陥ってしまっているということ。
まあ南米型の経済構造になっているから、このままグダグダと低成長に入ってしまう蓋然性の方が高いよ。

31: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 23:23:55 ID:jG4643Ap
>>30
日本は、国民の労働を国民に還元して一億総中流を実現した。その後
アメリカ型の新自由主義に取り込まれ、格差社会に移行し、アメリカの
十年遅れで没落への道をひた走っている。

中国は、最初から格差社会を形成しちゃたからねぇ。

21: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 19:37:11 ID:lgCZhqMM
チャイナリスクを考えたら中国への投資のあり方は慎重にならざるを得ない
日本は特にチャイナリスクに備えないといけない

23: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 20:13:51 ID:8lcOinNY
経済学者もこの程度っていうこと

25: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 20:54:17 ID:8Z6+BDDj
よく中国を日本となぞらえるけど全然違うよね
1、内需が育ってない
2、金持ちが逃げ出している
3、製品の売りは独自性や高品質では無く、ただ「安い」だけ
中国は資源国に毛が生えたようなもんなんだよ
ただ規模がでかいからGDP2位まで上り詰めたけど
前々から中国をあんな持ち上げるのが不思議で仕方がなかった

26: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 21:07:55 ID:j6fGJOmY
中国は共産党国である
貸出が焦げ付けば、貸元を粛清、下放すれば良いだけ

27: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 21:09:44 ID:YetCfeOB
>>26
それを経済崩壊っていうんだよ、おばかさん。

28: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 21:14:13 ID:5U4xHoJL
この安い労働力を求めるイナゴの群れは最終的にアフリカを食い尽くしたらどうするの?

29: 名刺は切らしておりまして 2013/08/09 21:21:25 ID:opygxOke
労働人口が減っていくのに、労働により収入を得る制度を続けていたら
そりゃ経済は縮小するさ。

> 中国労働人口、年内に減少へ

> 一人っ子政策導入から30年以上。出生率に想定以上の急ブレーキがかかっている。
> 現代中国研究家、津上俊哉氏の推計によると生産年齢人口は2013年でピークアウトする。
> 少子化が急速に進む中国が、いつまでも高成長を続けるというのは幻想にすぎない。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20121227/241649/

35: 名刺は切らしておりまして 2013/08/10 00:41:27 ID:y3axZorg
天安門事件のとき、各国が経済制裁してあの時が崩壊・分断にもっていける
チャンスだったけど日本が真っ先に解除しちゃったんじゃなかったっけ

36: 名刺は切らしておりまして 2013/08/10 01:30:04 ID:q5aYmgQT
ソ連崩壊のようにあまり周りに迷惑かけなければいいけど
理性を期待するだけ無駄だろな

34: 名刺は切らしておりまして 2013/08/10 00:24:13 ID:kZ3KGUjr
中国も北朝鮮も評論家に崩壊する崩壊すると言われながら
一向に崩壊しないんで俺らはもう待ちくたびれてるんですが



関連記事

[ 2014/05/29 20:00 ] [FX] [株] 雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新記事
UU