「『日本の失われた20年』など、そもそも存在しなかった」--中国社会科学院日本研究所・張研究員

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/31 22:14:14
中国社会科学院日本研究所の張季風研究員は「日本学刊」2013年第6期に発表した
「日本の『失われた20年』を改めて観察」という論文で、日本の「失われた20年」は
そもそも存在しない、比較する参照物を間違ったことにその誤りの原因がある
と指摘した。

米経済誌フォーブスは最近エーモン ・フィングルトン氏の「日本の失われた20年説は
大きな罠」と題する記事を掲載し、日本で大きな反響があった。同氏は自らの論点を
証明するため、「インターナショナル・エコノミー」誌に掲載された米経済学者ウィリアム
・クライン氏の「日本という錯覚:“失われた20年”説のまやかし」と題する記事を引用する
とともに、2008年にノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン氏も同じような、
つまり日本経済の低迷に関する見方は経済学的根拠に欠けるという主張をしている。


文章は短く、同意しかねる視点もあるが、賛同できる点も多い。著者は本文で明らかに、
米政府は「失われた20年」というウソにごまかされ、不適切な対日政策を取ってきた結果、
米国は非常に多くの経済的利益を失ったということを示唆している。一方の中国では、
中日の政治関係の悪化および両国の国民感情の悪化などの影響でメディアから学者、
官僚まで多かれ少なかれ「失われた20年」に惑わされ、日本経済を読み誤り、それが
対日政策の判断に影響してきた可能性がある。深い霧に覆われた「失われた20年」の
偽りと真実を解明し、日本経済の真相をつきとめるのは、日本を全面的かつ冷静に認識
する上で有利になる。

バブル経済崩壊後、日本はずっと立ち直れず、長年低迷状態にある。90年代末、日本経済の
「失われた10年」という表現が見られるようになり、2010年前後になっても景気回復が
みられないことからメディアは「失われた20年」と呼ぶようになった。

「失われた20年」は「失われた10年」の延長で、メディアの宣伝で「失われた20年」は
人々の間に深く浸透し、固有名詞となった。しかもこれだけでは足りないようで、
「失われた30年」がまもなく到来しようとしている。人々の脳裏に焼き付く数々の奇跡を
起こしてきた日本経済の面影は跡形もなく消えた。日本はまるで取り上げる価値もないほど
衰退し、発展途上国にも及ばなくなったかのようだ。今の日本経済は本当にそこまで悲惨
なのか?もちろん答えはノーだ。日本は今でも国民生活の豊かな経済先進国で、「失われた
20年」は日本経済の衰退を誇張した偽りの命題だ。


■新自由主義改革と「失われた20年」

この20年間、日本の経済成長率は低迷し、財政状況は悪化、デフレは長期化するとともに、
個人の収入は増えず、特に低所得層の若者の収入は明らかに減少、地域格差、収入格差は
拡大し、日本経済の国際的地位は低下した。これらはいわゆる「失われた20年」の真実に
あたる。日本経済にみられるさまざまな問題は本質的には新自由主義改革、つまり「日本
方式」の構造転換の過程における痛みと「必要な代償」といえる。
「日本方式」は通常、
欧米を追いかける工業経済時代にあった日本経済が後発の優位性を生かして取った「一国
繁栄主義追及」の発展モデルと説明される。(※続く)

http://japanese.china.org.cn/business/txt/2013-10/31/content_30461850.htm






関連記事



2: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/31 22:14:26
>>1の続き

ただ、どんな経済モデルも特定の時代の産物であり、特定の条件下では成功し効果を発揮
するが、時間の推移と環境の変化とともに、効果が失われ時代遅れになる。日本が追いつけ
の目標を実現すると、後発優位性はなくなり、それに知識経済の到来と経済のグローバル化
の進展が加わり、「日本モデル」のかなりの部分は新たな情勢に対応できなくなった。
バブル経済崩壊後、「日本モデル」の弊害が明るみになり、日本は新自由主義改革の推進を
せざるを得なくなった。

国の経済への干渉に反対し、市場を万能とみなし、自由放任至上主義を提唱し、「小さな政府」
を標榜するのがいわゆる新自由主義の理論だ。

80年代、中曽根首相は日本国有鉄道や日本電信電話公社などの民営化改革を推進し、日本の
新自由主義改革の幕を開いた。橋本首相が提唱した「6つの改革」で日本の全面的な新自由主義
改革がスタート。「小泉改革」は日本の新自由主義改革を継続、深化させた。日本の新自由主義
改革の主な特徴はそれまでの「政府主導型モデル」を「市場主導型モデル」に変え、市場の力を
より重視し、民間の活力を高めることにある。こうした構造転換はもちろん完全な「市場至上
主義」への移行ではなく、政府の経済に対する過度な干渉が減るに過ぎない。

新自由主義自体の理論的欠陥に加え、改革実践との不釣合いによって日本の新自由主義改革は
成功どころか、一連の社会問題、さらには「失われた20年」をもたらしたとの声が絶えない。

実際、国内外の経済環境の大きな変化によって、日本の経済政策は常に、公共投資拡大を
通じて経済を刺激し危機を乗り越えるケインズ主義への後戻りを余儀なくされている。現在
進めている「アベノミクス」もケインズ主義の内容が非常に多く盛り込まれ、「小さな政府」
の目標はなかなか実現できないものの、改革による痛みは緩和されてきている。

「失われた20年」の「真実」の多くは新自由主義改革によるものだが、日本政府が打ち出す
「反新自由主義」の経済政策は危機の発生を食い止めている。
いずれにせよ、「失われた20年」
という言葉はあまりに大げさすぎる。


日本人はかなりの心配性で、大部分の政治家も一般の国民も誇張を好まない。とりわけマスコミ
はさまざまな目的からいいニュースではなく悪いニュースばかり伝え、ニュースの効果を求めて
事実を無責任に誇張する傾向がある。マスコミの長年の宣伝に加え、多くの日本人研究者の詳細
で偏った「科学的論証」によって、多数の日本国民、さらには国際社会ですら日本が本当に
「20年を失った」と勘違いしている。

4: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:21:37 ID:bwhVheuw
実は「失われた20年」で対外純資産が8倍にもなっている
国内資産も2倍

日本は着々と富んでいたのである

33: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:50:30 ID:siz+qQac
>>4
対外純資産など大したことじゃない、外債などいつでも紙切れになる
なにより国際関係で問題が起こると凍結、無効ということもありえる

重要なのは国民の金融資産だ、だが90年頃1000兆程度だったのが
1600兆程度しか増えてない、他国と明らかに差がある

35: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:52:56 ID:fSvJ6nrg
>>33
バブル景気は、イスラムとアメリカのバランスをとってたし
冷戦も利用してた、いまはアメリカの戦略ミスだね

5: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:22:28 ID:heHPWtEe
バレた? そうだよ。
日本は、ずっとお金を積み上げてるからね。

7: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:23:13 ID:T9DBUMC+
左翼が弱体化した20年

67: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 00:12:43 ID:dG/ri7z7
>>7
本当にそう。左翼が弱体化した20年と「失われた20年」はしっかりリンクしている。
右傾化したということではなくて、経済的に後退しているという世論に対して左翼が代案を
示せなかった20年なんだよね。左翼が弱体化し続けたから右翼もゴミクズと化していった
わけで。

8: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:23:18 ID:X4MsYlXc
ミンスから自民に代わっただけで企業業績爆上げなのは何なの

9: 名刺は切らしておりまして名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:23:50 ID:esuFEWdN
気軽に日本を馬鹿にすると失脚するぞと、習近平に伝えればいいだけのこと。

10: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:25:31 ID:EsUXJ/JA
伊勢神宮を右側に立てるか左側に立てるかで、日本の勢力が毎回決まるらしいぞ
どっちか忘れたけど、ガンガンいこうぜ20年と呪文を節約20年

14: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:31:34 ID:G0nXFzVD
アメリカをけしかけて日本経済を潰そうとする
シナ畜の汚らわしい下衆な考えが透けて見える

15: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:32:21 ID:tKoOvmD9
失われた20年があっても経済大国であり続けていた現実
政治家のせいというよりも、胡散臭い経済学者のせいだろう

16: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:33:09 ID:KV37ftEi
先進国である日本は今以上成長できないってこった

17: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:33:36 ID:WoiaP22T
“日本が弱体化した”と流れた後の
中国と韓国の手の平返しはホント鮮やかだったなw
これで両国の本性がわかったww

“友好”という美辞麗句に躍らせれていた、
お人好しで平和ボケの日本人でも
この隣国には
常に気を許すことはできなず、
怠り無するく警戒が必要なことがよ~く分かったw

18: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:35:24 ID:oceFg9nW
シナ国のバブル崩壊って

地方政府が乱発した債権かえせなくなる

その地域の解放軍兵士や公務員に給料払えなくなる

債務踏み倒すために独立戦争&内戦

21世紀三国志ですね

19: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:35:57 ID:S2+zLEag
公共投資拡大を 通じて経済を刺激し危機を乗り越えるケインズ主義への
後戻りを余儀なくされている


ほんとにやっていたのなら、ここまで停滞しなかったわ
この15年で公共投資は半分以下に減らされてる

23: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:39:31 ID:S2+zLEag
あまり日本のことをしらべないで憶測で書いてるんだよな
20年の停滞といわれるほど、日本は落ちぶれてないのは事実だけど

24: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:41:12 ID:sLx25f8s
まあ、偏差値70レベルの経済だったのが、65ぐらいに落ちて、
落ちた落ちた!って騒いでいるというのは、日本のインテリ全員が知っていたことだけどな。
もともと偏差値30レベルの中国が55ぐらいになって喜んでいるのとは
訳が違うわな。

25: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:44:59 ID:kkv2MWnW
 
「中国4千年の歴史」

これも実は・・・

26: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:45:38 ID:6yNdRH8M
日本の失われた20年+民主党政権=ここぞとばかりにつけ込んできた中・韓
真性の敵国だと鮮明になって本当に良かった。

28: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:46:50 ID:ZQbk4RSM
>米政府は「失われた20年」というウソにごまかされ、不適切な対日政策を取ってきた

中国人は、これが言いたいだけだろ

日本を危険視させたいだけ

29: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:47:00 ID:Am8dHLJE
不用意に溜め込んだお金を使うターン

30: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:48:03 ID:OAzE2mTU
日本にはアメリカのようなゴーストタウンがない
中国のような大気汚染もない
失業率は先進国でも最低レベル
ナゼだろう

82: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 01:30:25 ID:Gn6l6N8S
>>30
シャッター商店街はどう見てもゴーストタウン
大気汚染は無い
低い失業率は低い労働力率のお陰であまり喜べるものではない

31: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:48:14 ID:MWYUpIc+
割と納得できる。
こんだけいい生活していて何を失ったのか疑問だったし。

34: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:51:32 ID:MVYRmfiL
 ,;:⌒:;,
8(・ω・)8 バブル景気を見たら失われた20年は正しいんじゃないん
      もう一度あの好景気に達したいもんよね

61: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 23:42:15 ID:9J4b/N1E
>>34
バブル前を知っている世代からすると、
バブルは日本人がおかしくなった転換点だったそうだ

36: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:56:15 ID:p81Cdnny
確かに、マスコミは「格差社会、格差社会」っていうけど
日本ほど貧富の差が少ない国はそう無い

38: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:57:57 ID:fSvJ6nrg
>>36
まるで、できてた奴の脚を引っ張って平等だろ!と嘯くアメリカ共和党だな

39: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 22:59:12 ID:E8wSBvdY
>>1
っつーかこれ、アメリカの都合のいい論文のパクリじゃん。
どんだけ政治的なんだよ。

40: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 23:00:03 ID:fSvJ6nrg
FBIの作文かな
スズメバチがとんでくるぜ

41: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 23:07:52 ID:gn6Dr9BW
2009年9月からの3年間はは確かに「失われた3年」だったな。

43: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 23:12:24 ID:t+64X5/G
これは確かにそう思うわ
給料も上がらなかったけど
下がりはしなかった
デフレだからむしろずっと上がってたことになるし

48: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 23:21:51 ID:adeBWRxY
>>43
ただそれを理解できるほど女は頭が良くないので多数の未婚者を出した

45: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 23:15:45 ID:DAae0mFz
>>1
ばれたかw
ソ連が崩壊した途端、米国がナンバー2の日本をターゲットにし始めたから氏んだふりしたんですよ。
氏んだふりしてせっせと中韓に資本投下して身代わりのターゲットを育ててやったんです。
期待通りの米国の敵役に育ってくれて満足してます。

52: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 23:25:10 ID:fSvJ6nrg
>>45
そんな、ばらしていいのか・・・
まあアメリカのミスだよな・・・

66: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 00:08:38 ID:Kc+6bCN+
>>45
氏んだふりをしているうちに、随分筋力が衰えてしまったよね。
これは結構痛いことだよ。
ブッシュ父とクリントンがいよいよ経済戦争を仕掛け始めた90年代前半と比較して、
各種産業が、さまざまな外国に各個撃破されてきているのに、
新しく獲得できた・伸びてきた分野は、ロケットを飛ばすことくらい。
文化面まで含めても、伸びたのはスポーツだけだ。

政治面は、90年代前半の、もはや白○状態の国会討論と比べれば
それでもかなり良くなったが、それでもまだまだ。

50: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 23:24:01 ID:sauBYGAL
でも、株価を見ると、ここ20年の間
日本だけ右肩下がりなんだよな
ほかの国は右肩上がりなのに

53: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 23:27:52 ID:Gr3ygXCs
失われてないと判断されてたらどんな対応されてたんだろー

54: 名刺は切らしておりまして 2013/10/31 23:30:07 ID:F7o6RNNr
この考え方は俺の考え方に似ている
①そもそも日本はバブルという影に踊らせられて実力以上に買い被られていた
②バブルが破裂してから国債の大量発行で これまた国も個人も実力以上の消費活動をしていた
つまり地に足が着いた経済活動をしてこなかったから その後の処理に時間がかかっているという事

69: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 00:16:07 ID:E88ImKS6
失われた20年と言うか… デフレ20周年かな?
ある意味高い円で安く品物を仕入れて優雅に生活していたのでw
低所得層の労働がなくなっても高所得者には痛くも痒くもなかったり…

70: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 00:21:47 ID:n/tGC9A5
これからの日本はグローバリズムと訣別してガラパゴス化を進めるべき。
開国から150年。西洋から学ぶものはもう無い。
あとは取り入れたものを日本独自に熟成させて行けばいい。

71: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 00:25:41 ID:TmZnK5dI
いやー
日本生活きついわー
経済もきついわー
20年も停滞しちゃったよー
マジきついわw

75: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 00:28:51 ID:jx685lDP
>>71
そんな感じw
失業率4%で不景気なんておこがましいと思われてるだろうな

72: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 00:26:16 ID:UgiF2tdn
>>1
観る角度によって違い過ぎるだろアホが
国民にしてみれば、これまでの日本は間違いなく失われた20年なんだよ
株式・不動産・金融、あらゆるものに投資不安を感じていたからマネーが貯蓄に回ったのだ
要するに、失われた20年とは、多くの国民が投資機会を失った20年とも言えるのだ
それによって、消費税増税も絡み長い内需不況に陥ったのだ

74: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 00:28:29 ID:A5Y9oI1Y
中国が能無しのバカってのは真実
日本の低迷はバカの存在とは全く関係ない出来事

76: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 00:34:02 ID:dG/ri7z7
悲観論が多すぎて慣れすぎちゃったという感覚はあるな
1999年に出たモーニング娘のヒット曲の歌詞に「どんなに不景気だって恋はインフレーション」
「明るい未来に就職希望だわ」」日本の未来は世界がうらやむ」とあるけど、あれから14年。今では
全く通用しない歌詞ではないという。悲観論が取り除かれてないっていうことなんだな

77: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 00:35:33 ID:MPuiwJ/G
中国が失われた20年迎えそうだから
心の防衛記事だろ。どうなるかは中国次第。

78: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 00:36:50 ID:7QCJ2VOR
だからドル換算はいらねってーのwwwww
日本人の多くはドルで買い物してねんだからwwwww

80: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 01:18:58 ID:SG/fZBuN
>>1
相変わらずですな。
フィングルトンがバブル前後からどんなことを言ってきたか知ってる人間なら今頃大爆笑してるやろうな。
こんなの信じる奴は無知でなければ頭がおかしいのです。
半導体でも、液晶でも、その他ハイテク製品でも、この先も日本が圧倒的地位を占め続けるのみならず、
むしろライバルとの格差は拡大し、競争相手はなくなり、日本が世界市場を支配する。
貿易黒字は天井知らずに増えていき、今(90年代初期)以上に繁栄すると断言してたわ。

83: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 01:49:58 ID:uLrXvO9c
日本は貯金しまくってきたから消費が減って衰退に見えただけ

84: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 01:57:33 ID:Gn6l6N8S
所得は右肩下がりなんだから間違いなく衰退してるよ
国民が奴隷化して企業を支える構図
リーマン以降はそれでも支えられなかったから金融緩和せざるを得なかった

85: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 02:20:36 ID:gw8PDEV/
さすがに楽観的すぎる
冷戦時代の「世界トップの超優良国」から「世界上位の先進国」に間違いなく没落してる

87: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 02:31:06 ID:IASg3eq7
バブルの崩壊で、個人から企業に資産が移っていった
あと、自由主義経済はアメリカほどではないにせよ、格差をでかくしたよね。
まあ、これからはみんなが税金の奴隷になってしまうわけだけどね。

91: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 02:56:48 ID:E99N4nN1
20年前はどいつもこいつもトヨタマークⅡに乗っていたのに
なんで今は道路は軽自動だらけなの?

92: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 03:00:54 ID:XGahbJPk
>>91
自動車の家電化、コモディティ化が進んでるだけだ
女がよく「乗れれば同じ」っていうだろ。つまりそういうことだよ

93: 叩く人 2013/11/01 03:37:26 ID:y430/I+4
試行錯誤と失敗と成功の20年かと
マスコミと世論に足を引っ張っられた20年とも言えるかな?

96: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 05:35:08 ID:0FLprT3q
>>93
TVとマスゴミがシナチョソの支配下に入った20年とも言える。

94: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 04:10:49 ID:qp3ieg6c
不況とはいえほとんどデモや社会不安も起きなかったしな

97: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 05:59:54 ID:cC6nRmmM
人類の20万年の歴史はほとんどの時期でゼロ成長なんだがな。
つまり均衡しているというだけなんだぜ。

90: 名刺は切らしておりまして 2013/11/01 02:53:19 ID:JZvpElp3
一人当たりの預金額は世界一だからな



関連記事

[ 2014/06/11 14:00 ] [FX] [株] 雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新記事
UU