【造船】シェールガス革命で大復活する日の丸造船業…中韓がマネできない技術力で、再び世界のステージへ

1: きのこ記者φ ★ 2013/07/06 11:48:23
シェールガスが、いよいよ「世界の常識」を変えはじめた。その波は日本へ。
高いLNG(液化天然ガス)価格が下がるだけではない。LNG船の需要増で、青息吐息だった日本の造船メーカーや関連メーカーが、
いま大復活をとげようとしているのだ。
『図解 1時間でスピード解説!シェールガス革命』(小社刊)を書いた泉谷渉氏が、息を吹き返しつつある、
日本の造船産業に熱いエールを送る。


つい最近の話だ。会食の席についたエレクトロニクスメーカー大手の幹部は、机をたたいてこう叫んだ。
「日本の電力各社は、原発停止の影響を言い訳に、ひたすら『電力料金値上げをお願いしたい』と、額を床にすりつけるばかりだ。
国民はみな電力会社の役員や社員の給料のバカ高さを知っているから、シラけ切っている。
おまけに震災復興資金はどこかの自治体のゆるキャラに使われたり、全然関係のない県の公共建物の増改築などに投入される有様だ。
まったく、やってられない」。

■2月に比べ、すでに3割も安くなったLNG価格
世界一高い電力を使わされて、おまけに税金も高いこの国にあって製造業を維持することがいかに困難であるかを、電力各社はわかっていない。
大型工場になれば多額の電力料金を支払うわけであり、これがコストを圧迫する。結果として価格を下げられない。
国際競争に負けていく。こうした状況が何年間続いていたことだろう。

ところが、である。直近のLNG(液化天然ガス)の日本向けスポット価格は100万BTU当たり14ドル半ばまで下がり、
2月につけた最高値から3割も安くなった。世界各地でのシェールガス開発のインパクトは大きく、
2017年以降には米国、ロシア、日本でLNGの生産・輸出入基地の新設が予定されることで、天然ガス市場の需給は大きく緩和する見込みだ。

■LNG運搬船関連技術で、世界トップレベルにある日本
加えて、LNG運搬船の建造も多数計画され、米国、アジア、中東までの輸送コストも大きく下がってくる公算だ。
LNG船の需要拡大は、日本企業にも多くのメリットをもたらす。LNGタンカーに関する日本技術は世界トップレベルにある。
マイナス約160℃の超低温技術は、川崎重工業やIHIの独壇場といっても良い。
貯槽タンクや液化装置でも日本は強く、日揮や千代田化工建設のお家芸だ。

低迷してきた日本の造船業ではあるが、LNG運搬船をテコに復活をかける状況が整ってきた。
全世界で運行されるLNG運搬船の数は、現状で359隻であるが、今後60~70隻の需要が生まれそうだ。
14万立方メートルクラスのLNG運搬船の価格は1隻約200億円であり、とんでもないビジネスが新たに生まれる。

>>2以下に続きます)
http://news.livedoor.com/article/detail/7833067/






関連記事



2: きのこ記者φ ★ 2013/07/06 11:48:33
(続き)

こうした需要増を見越して今治造船と三菱重工業が合弁会社を設立し、年間8隻以上の製造を計画している。
また、ジャパンマリンユナイテッドはLNG運搬船を新たな収益源とし、3、4年後に売り上げを約4割伸ばすとしている。
三井造船は天然ガスを使った船舶エンジンに強く、この技術を横展開し、レバノンでのディーゼル発電設備の受注に成功した。
また、川崎重工業はLNGを燃料とするタンカーの製造に強く、これはアルミ材の精密加工であるが、まさに日本の技術の見せどころなのだ。

かつて国民作家の吉川英治(故人)は、少年時代に横浜港の船がらみの雑役に従事しており、「かんかん虫は唄う」という有名な小説を書いている。
以前、横浜、神戸、長崎などで活発であった造船業は、日本の得意技であったが、中国、韓国勢に押しまくられて一気凋落の憂き目にあってきた。
しかして、海洋王国日本がシェールガス革命を追い風に、再びその勇姿を世界に示そうとしているのだ。

■三菱重工は中韓がマネできない大型客船を受注
三菱重工業は先ごろ、クルーズ客船最大手の米国カーニバル社から、2隻の大型客船受注に成功した。受注総額は約1000億円とみられる。
1番船は2015年3月の引渡し予定で、実に12万4500トン、3300人の乗船能力を持ち、国内で建造される客船としては過去最大のものになる。
この分野になれば、省エネ、ノイズ対策、さらには高級ホテル並みの施設といった高いテクノロジーが必要であり、
中国や韓国の造船各社にはまったく作れないところなのだ。

三菱重工業の大型客船製造は何と9年ぶりになるという。LNG船ブームが到来すると同時に、こうした大型客船もまたシェールガスによる
燃料費低下のインパクトにより、再び活発になってくる。シェールガス革命で弾みがつく、とはまさにこのことなのだ。

「久方ぶりの大型客船の受注で、三菱重工の長崎造船所はさぞかし沸きかえっていることだろうよ。ヨコセン(同社の横浜造船所)が
桜木町駅前にあったころには、酒と女で伊勢佐木町や野毛も、それはもう大変の元気印だったぜ。何でもいいから船が出入りすれば、
使いぷりの良いマドロスさんが、わが国の消費を盛り上げてくれるのよ。何たって、こちとらは四方を海に囲まれている国なんだ」。

筆者の本家である横浜橋の江戸藤(ルーツは江戸時代にまでさかのぼる)で、カツ煮を肴に酒を飲んでいたら、
明らかに元船員とわかるマドロス帽をかぶった70がらみの男が、スポーツ紙を読みながらニヤニヤとひとりつぶやいた言葉ではある。

(記事終)

3: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 11:54:38 ID:RqsunKqg
そもそも、中韓に造船技術を流したのは80年代の自民党と外務省
こいつらが自前で造船技術を培ってきたわけでもなんでもない

自民に票を入れた阿呆が、間接的に中韓への技術流出を支持したわけだw
責任取れボケ

7: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 12:03:57 ID:WCtBCkbc
>>3
その元自民の中韓シンパが今自民を離党して民主に集まっているんだから
こいつら民主が責任取るべきだわな

36: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 13:13:54 ID:NFzLXHm7
>>7の言うとおり自民を離れて民主党に下ったのは
シナチクと南北チョンコとズブズブのやつらばっか

というか民主党の議員は全員タヒねばいいよ^^


90: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 16:48:41 ID:zitP20Ui
>>36
まだ自民内部に、売国チョン議員が
いっぱい居るだろ
そいつらをどうにかしろ

91: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 17:10:32 ID:WCtBCkbc
>>90
その売国議員を当選させているのは党ではなくあんたら有権者だろが。
そもそも他の党はそもそも売国議員オンリーなんですけど

70: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 14:52:04 ID:64fzwkxq
>>3
そのとおり。当時の技術者たちも、将来日本の鉄鋼、造船関連業種は中国韓国に大打撃を受けるといって嘆いていた。
自民党の謝罪外交で、金と技術と人を中国と韓国にばら蒔いて、自分の国の労働者に大打撃を与えたのは自民党だった。

71: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 14:54:08 ID:zjwnGcq2
>>70
待て
なんか民主党の間違い臭いぞ、へ

72: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 14:58:11 ID:64fzwkxq
>>71
知らないのか・・・当時から、将来の日本の雇用のことを心配してる人はたくさんいたんだよ
案の定、当時の彼らの言うとおりになった

10: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 12:11:44 ID:zBmtKLg0
>明らかに元船員とわかるマドロス帽をかぶった70がらみの男が、
>スポーツ紙を読みながらニヤニヤとひとりつぶやいた言葉ではある


情報ソースどこの馬の骨かも分からん爺かよw

14: 1/2 2013/07/06 12:20:42 ID:i2xFp1IV
・30年前の鄭周永会長の”技術盗み”

”技術を盗む”のは事実上国際的慣行だ。とても有名な国際多国籍企業たちも、今も休まず
に試みているし、経済大国の夢を見ている新興国家たちも同様だ。私たちも同じだった。

(中略・・・70年代の鄭周永さんによる現代重工業創建物語。他の財閥が引き受けない中、
造船業を引き受けた鄭周永会長。そんな中、技術力がないと気づく。1万5000トン級ぐらい
までしか作った事が無かったのに、うっかり30万トン級の受注を受けてしまったのだ。
そんな彼らが取った手段は・・・)

現代造船に必要な技術力を取り揃えてくれたのは当時世界造船業界をまさに席巻していた
日本の造船業界だった。しかし当然日本の造船業界は韓国を極度に警戒した。韓国の手
助けをすれば虎の子を飼う愚を犯す事が明白だったからだ。

(中略・・・鄭周永会長の”技術盗み”奮戦記。”芸者”とまで呼ばれた接待の達人の鄭会長。
親しかった日本のK造船会長に真心をつくし、遂にその接待術にK造船会長に「何か手伝
えることはないか」と申し出させたのである。)

この時鄭会長のした頼みは「2人だけ研修生をK造船で1年間だけ引き受けてくれないか」
というものだった。K造船会長は気経にこの頼みを聞き入れた。鄭会長の下心は確かに見
え透いていたが、巨大な造船業の実体をただ2人の研修生だけで1年以内に把握するという
ことは不可能だという判断であった。

15: 2/2 2013/07/06 12:21:18 ID:i2xFp1IV
>>14の続き

このようにして現代造船の若い二人の職員が、日本のK造船で研修を行ったのである。
これらに下された'特命'は簡単だった。

「なんでも役立つに値するものはすべて持って来い」だった。この時から二人の職員は綿
が水を吸いこむように次から次に記録を集めた。不法も厭わなかった。

当時の日本は一月に一度わが国が行っている民防訓練のように、地震の避難訓練を行っ
ておりサイレンが鳴れば全ての職員は待避所に避難しなければならなかった。このとき
現代造船の若き研修生2人はトイレに隠れて誰もいなくなると、K造船が見せてくれなかった
設計図を密かに取り出してコピーした。

退勤時にはモンキスパナも一本こっそりと懐に入れて持って帰った。なぜなら造船所で使う
ボルトを締めるモンキスパナは一般のものとは違うからだ。こうして集めた資料をひっきり
なしに国内に送った。「このとき持っていったものはコンテナ2台一杯になった」と創業の功臣
は伝える。

こんな過程を経て今日、現代重工業は日本の有名な造船所を追い抜き世界一の座に上る
ことが出来たのだ。

http://www.viewsnnews.com/article/view.jsp?code=NBB&seq=16144

16: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 12:22:03 ID:LAtx2FhG
就航5年でコンテナ船を真っ二つにする三菱重工の造船技術はどこもマネ出来んわw

38: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 13:24:22 ID:Q0VdhUxd
>>16
原因はまだ分かっていませんよ?
ちなみに韓国は船を伸ばす工事をして航海中真っ二つにした前歴あるからな。
これは設計と施工ミスと結論が出ている。

46: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 13:47:41 ID:LAtx2FhG
>>38
たしかに原因はまだわからんが船体延長工事と新造船のミスは影響度が全然違うぞ

17: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 12:22:06 ID:yKqXo/cw
なんか程度の低い記事だなと思ったら、記者は業界紙の人か。
太鼓持ちorゆすりたかりの二択しかない業界紙記者のヨタ記事
なんか相手にするなよ。

33: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 13:07:41 ID:q7Uta2S/
デッドコピーしか作れない国とコピーしても上をいく日本じゃ言うもおろか。
中国の戦闘機はデッドコピーだろう。進歩がなくよく故障し稼働率が最低。

37: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 13:21:20 ID:/kwZDT+I
リーマンショック前に「今後世界の大型貨物船の需要は倍増する」って
言われてて日本の造船業も大増産計画を立ててたんだけど、世界金融危機で
計画は全て吹き飛んだけどねw

ちなみに、シェールガスはいずれヤバイ事になると思う。今は開発が始まったばかり
なのに既に地震が起きなかった地域で地震が多発するようになったり地下水に
ガスや頁岩層を破壊するために注入する薬液が混入してその地域で地下水が使用不能になってきている。
これから量産が本格化すれば地下水汚染も地震もどんどん影響は拡大して重大な環境問題に発展するだろう

39: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 13:36:46 ID:1MeCygrk
>>37
技術的なことはわからん素人考えだけど、シェールガスって岩盤や地層の隙間にあるものなんだろ?
クッション代わりのようなものが無くなって地震が多発するというメカニズムなんだろうか?

44: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 13:47:04 ID:/kwZDT+I
>>39
隙間に有るのは普通のガス田な
シェールガスってのは日本名で頁岩といわれる地下のシェール層の岩石の中に含まれている。
岩石の中にガスが含まれてるってのは昔から知られていたが効率的に取り出す技術が無かった。
それがアメリカのガス開発会社が地下の頁岩層を薬液などを高圧で注入して破壊し、それによって
ガスを取り出す技術を開発して採掘が可能となった。

当たり前の話だが地下深くの岩盤を完全に破壊してガスを取り出すので、それまで全く地震が起きなかった
北米大陸の東海岸などで地震がちょくちょく起こる様になったw

48: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 13:50:04 ID:JJast48Z
>>1
内容がばらんばらんの記事だな
何が言いたいんだ

57: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 14:05:54 ID:ToFrDZ+K
円安で造船業界の受注は増えそうではあるな。

99: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 18:02:39 ID:851q6GAP
>>57
つーか世界シェア一位二位の中国造船と韓国造船がまとめてコケそうだから、三位の日本に受注が来るのは当然。

73: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 15:04:47 ID:uT7HSx/o
とくにスクリュー。これはどう逆立ちしても他国は無理。

88: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 16:32:47 ID:AvE3y8e/
全業種でさんざんパクられまくっといて
まだ真似できない技術とか言ってんの?
チョン以上の脳内お花畑じゃねーか
駄目だこりゃ

92: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 17:15:27 ID:j1Dl3c2P
気付けば中韓の造船業死んでるもんな
安さばかりで競争してきたから赤字がかさんで今では稼働していないっていう

95: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 17:37:42 ID:/kwZDT+I
ところでシェールガスの輸入が始まればLNGの輸入価格が大幅に下がると
思い込んでるなら考え甘いよw アメリカ国内でシェールガスの価格が日本の
輸入価格の1/9だからって何故下がると確信出来るのか?
サウジやベネズエラ国内での原油やガソリンの価格はバレルあたり1-3ドル程度だからなw
それが国際価格では100ドルに跳ね上がるw
どうしてガスだと資源国の価格並に下がると思えるのかね?w
アホとしか言いようが無いw

98: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 18:02:36 ID:lReDJYh3
>>95
それは産出地域が特定地域に固まっている石油と違ってガスはまばらだからだ。
ちなみにシェールガスの埋蔵量がもっとも多いと推測されているのは中国な。

108: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 22:16:51 ID:yynlZc1E
>>98
ええ?中国?と思ったが調べて見ると事実だな
http://10rank.blog.fc2.com/blog-entry-240.html

世界トータルのシェールガス可採埋蔵量で
7300兆立方フィートか

つまり204兆立米(7300x0.028)

石炭1トン41.87GJ
ガス1立米41MJ 概略1000立米=石炭換算1t

石炭換算2000億tか

在来化石燃料が
 石炭 8500億t  石油3500億t 在来ガス2500億t
 合計 1兆4500億tだから 

シェールガスで2000億t=14%増えました
ってだけじゃねーかよ(wwwwwwwww

どこが革命なんだよ! 「単なる焼け石に水」だろ
化石燃料が 2029年ピークアウトなのを 
2045年に延ばせれば御の字程度の話じゃねーか

埋蔵量/消費量計算を 自分の手でできなくて
筆者の書いた 200年もつ とか1000年持つとかを
鵜呑みにする情弱を騙しているだけじゃん(ww

経団連幹部にもそういう情弱が居るらしいのは笑えるが(w

105: 名刺は切らしておりまして 2013/07/06 20:09:53 ID:wS+qCJnf
真似が出来ないと思い込んで胡坐をかいてるうちにすぐ真似され追い越されるのが日本



関連記事

[ 2014/08/26 14:00 ] [FX] [株] 雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
最新記事
UU