スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

YouTubeで楽に稼げると思って動画600本あげた結果wwwwwwww

1: 名無しさん 2014/02/07 01:55:30 ID:JKR4A7ma
動画600本あげたのに月1万しか貰えないンゴ…






[ 2017/02/01 11:35 ] [FX] [株] 雑談 | TB(0) | CM(0)

投資歴1年の専業株デイトレーダーだけど質問ありますか

1: 名無しさん 投稿日:2014/08/25(月) 01:11:43.89 ID:GdYwh9v10
ありますか?






[ 2017/02/01 08:35 ] [FX] [株] 雑談 | TB(0) | CM(0)

FX始めるのに初期予算いくらぐらい必要かな?

1: 名無しさん 2016/05/24(火) 02:26:46.397 ID:D8D1FRvpd
FX始めるのに初期予算いくらぐらい必要かな?






[ 2017/02/01 05:35 ] [FX] [株] 雑談 | TB(0) | CM(0)

NAVERまとめ儲からなすぎ…

1: 名無しさん 2014/02/10 18:19:24 ID:Cc4A0jh60
19本作って130円…
ワロタwwww






[ 2017/02/01 02:35 ] [FX] [株] 雑談 | TB(0) | CM(0)

空いたスペースに設置して高額収入も・・・根強い人気を誇る「カプセルトイ投資」とは?

1: 名無しさん 2015/12/20(日) 22:38:45.24 ID:CAP_USER.net
http://hbol.jp/71621
no title

サラリーマンが最初に始める副業として根強い人気を誇るのが「カプセルトイ投資」。
カプセルトイと聞くと、ピンとこない方もいるかもしれないが、いわゆる「ガチャガチャ」である。

 具体的には、すでにある店舗の空きスペースにガチャガチャを設置、商品を販売して利益を得る副業だ。
商品の補充さえ自分で行えば、寝ている間もお金を自動で稼いでくれる。今回は、数百台以上のガチャガチャを所有して
「カプセルトイ投資」を実践するガラポン氏にその魅力とノウハウを聞いてみた。

売上が見込める場所はスーパー銭湯!?
「この投資のメリットは、機械を置く場所さえあればすぐ始められること。商品の補充なども自分の自由な時間帯でできて、
ほぼ何もしなくてもガチャガチャが稼いでくれます。副業初心者には向いてますね」

 始め方は簡単。「商品」「機械」「置き場所」さえあればできる。商品は個人にも卸値価格で販売してくれる
専門店から、ネットで仕入れる。値段は、袋売りでだいたい卸値の70%。ガチャガチャ本体に目一杯商品を補充しても、
1万5000円前後という安さだ。ちなみに、現在の人気ジャンルは懐かしのアニメなどのリバイバル系商品や、
動物系なら猫キャラ。子どもだけでなく、大人も大量に買っていくものも、おすすめだという。

 ガチャガチャの販売機は中古であれば1台4500円、新品でも約3万円で購入が可能。
つまり、初期費用は高く見積もっても4万5000円前後で始めることができる。さらに、販売額に対し仕入れ値が50~60%、
設置店への支払いが10~20%、残りの20~40%ほどが利益となる。設置場所や商品にもよるが、1台で月20万円稼ぐ人もいるという。

では、売上に大きく左右する良い設置場所の特徴とは?
「スーパー銭湯や観光スポットのエレベーター前などがおすすめですね」とガラポン氏は語る。その特徴は「目立つ」
「お客さんが長時間滞在する」「通行量が多い」「衝動買いする雰囲気がある」場所。観光スポットは旅行などでお金を使う人
が多いことからご当地物の商品でなくても、売上は見込めるという。
 しかし、当然リスクもある。それは在庫を抱えること。仕入れ原価を下げるために大量に仕入れることは大切だが、
在庫を抱えないように、「設置場所の売れ行きをチェックしながら入荷」したり、
「サイクルが早い戦隊モノなどのジャンルを仕入れない」などリスクヘッジをすることが成功のカギとなる。
 とはいえ、初期投資が安い上に手間もかからず、リスクも低い「カプセルトイ投資」はサラリーマンが最初に始める副業として最適だと言えよう。
<文・図版/戸田要一>






[ 2017/01/31 23:35 ] [FX] [株] 雑談 | TB(0) | CM(0)

「地方では中古の買い」「都心では借りる」 不動産をめぐる神学論争ついに決着?

1: 名無しさん 2015/05/17(日) 12:59:48.64 ID:???.net
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150517/ecn1505170830002-n1.htm

日本人の不動産をめぐる神学論争のひとつに「買う」と「借りる」のどちらが得か、というものがあった。多くの人が一度は悩む問題だ。
 はっきり言って、答えはなかった。10年先、20年先の世の中がどうなっているかはわからない。
ましてや住宅ローンが終わる35年後のことなど、誰にも予想がつかない。何億円も現金があって、
買うのも借りるのも「自由に選べる」という人にとっては単純に好みの問題。
買うなら「35年ローンを組まなければいけない」という一般人にとっては、「住まいについてどう考えるか」という価値観が左右した。

 賃貸を続けるならば、基本的に「自由」である。好きな場所で、予算に合わせた家賃の住宅を選べばよい。
今は日本国中で賃貸物件は余っている。借り手優位の市場は、今後何十年も続く。
家賃水準も長期低落傾向であることは確実だ。ただ、賃貸に住み続ければいつまでもマイホームは持てない。
 一方、35年ローンを組んで新築のマイホームを買うと、途中で繰り上げ返済をしない限り、ずっとローンを払い続ける。
 現状、都心以外ではローン返済途中で売れば残債が残るケースがほとんど。
35年後に完全な所有権を手にしても、残っているのは築35年の老朽住宅。ただ、ずっと「マイホーム」に住み続ける安堵感には浸れる。

 実は、日本人の大半が「買う」派である。社会人になって結婚し、家庭を持てば「家を買ってこそ一人前」のような価値観が浸透していた。
 政府も戦後復興以降は一貫して持ち家政策を続けてきた。例えば、新築住宅を購入するにはいろいろな優遇措置がある。
代表的なものが住宅ローン控除。新築の家を買うと所得税が安くなる。あるいは、固定資産税の軽減措置。
あまり使われていないが「すまい給付金」というのもある。

 だが、賃貸住宅を借りるための優遇制度は何もない。自力で家賃を払わなければならない。
一部の自治体に補助制度がみられるのみ。これは非常に偏った政策だ。
 なぜこういういびつな政策を続けてきたのかというと、歴代の自民党政権の方針だったから。
 ただ好意的に見れば、住宅政策は一種の景気対策でもあった。家を買うと家電や家具も買う。
景気への相乗効果も大きい。だから政府はいつも持ち家を推奨してきた。
 しかし、日本中で住宅が余っている現在、新築購入を奨励する持ち家政策は時代に合っていない。
日本中のほとんどの場所で、新築住宅を買うことは資産形成につながらない。むしろ、資産減少の大きなリスクを背負うことになる。

 買うか借りるか。この神学論争にはそろそろ決着がつきそうである。
 結論を言えば、住宅価格がほとんどタダ同然になっている地方や郊外では中古の「買い」。
まだ資産価値が守られている都心では、新築も中古も買わずに「借りる」が正解になりそうだ。






[ 2017/01/31 20:35 ] [FX] [株] 雑談 | TB(0) | CM(0)
最新記事
UU


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。